ホーム > 心臓や病気について >

自然のペースメーカーと刺激伝導系

心臓や病気について

自然のペースメーカーと刺激伝達体系

私たちの心臓では、洞結節で生じた電気的興奮が心房筋に伝わり、心房を収縮させます。
また、心房からの電気的興奮は房室結節に伝えられ、ヒス束、プルキンエ線維などの「刺激伝導系」と呼ばれる特殊な心筋を通って、心室筋に伝わり、心室が収縮します。
こうして、心房と心室が順番に収縮することで、血液を送り出すポンプ活動が行なわれます。
つまり、洞結節はリズミカルな信号をつくる“自然のペースメーカー”の役割をはたし、洞結節から房室結節を経て、プルキンエ線維に至るまでの「刺激伝導系」は、この信号を伝える“電話線”の役割をはたしているのです。

電気刺激の伝わり方

刺激伝導系の始まりは「洞結節」と呼ばれる司令塔です。
この「洞結節」が心臓全体のリズムを司っています。このリズムは心房に流れ、心房を収縮させ、次に「房室結節」で中継され、心臓の中心部を通っている「ヒス束」に流れ、心室を通っている「左脚」、「右脚」に流れ、最後に毛細血管のように張り巡らされた「プルキンエ線維」から心室全体に電気刺激が流れます。この刺激伝導系を1回電気刺激が通ると一心拍になります。