ホーム > 心臓や病気について >

心臓の構造と働き

心臓や病気について

心臓の構造

心臓は右上の部屋の右心房、右下の部屋の右心室、左上の部屋の左心房、そして、左下の部屋の左心室という4つの部屋からできています。 一日10万回以上拍動して昼も夜もなく体全体に血液(酸素と栄養分)を送りつづけています。

心臓の働き

まず、右心房が体を循環し終わった血液を受け入れて、右心室にその血液を送ります。そして、右心室からその血液は肺に送り出されます。肺で酸素を取り込んだ血液は左心房へ戻り、左心房から左心室に送られ、最後に左心室から全身に送り出されます。

私たちの心臓は、一生の間、このサイクルを休むことなく続け、およそ26億回繰り返すのです。

一回の心拍(心臓の収縮)で心臓が送り出す血液量は、缶ジュース( 250ml)の約1/3の量です。
一分間でおよそ心拍数を60回とすると心臓が送り出す血液量は一分間でおよそ4.2リットルです。2リットルのペットボトルで約2本分の量になります。