ペースメーカーについて

手術方法

心内膜リードを使用した挿入方法(経静脈植込み法)

静脈穿刺法(パンクチャー法 ) 静脈に細い管のようなものを刺し込み、その管を通して静脈内にリードを挿入する方法。 局所麻酔にて行われます。
静脈切開法(カットダウン法) 静脈を切開し、その切れ目から静脈の中にリードを直接挿入する方法。局所麻酔にて行われます。

*上記2つの手術では、局所麻酔を用いて行われますので、痛みはほとんどなく、患者様の意識はあります。

心筋リードを使用した挿入方法

心筋電極植込み法 全身麻酔にて行われます。

*リードとはペースメーカーから電気刺激を心臓に伝える導線の役割をするものです。

手術時間

手術時間は、探している血管がすぐ見つかるかどうか、あるいは、心臓の中でペーシング(心臓を電気刺激すること)に適した場所がすぐ見つかるかどうかによって、大きく違ってきます。

手術手順

ここでは経静脈植込み法について簡単にご説明します。

1 鎖骨周辺を消毒後、局所麻酔をして、鎖骨に平行に約5cmほど切ります。その後、この皮膚の下にペースメーカー本体を植え込むためのポケットを作ります。
2 この胸の切開した付近にある静脈を探し、その静脈を通して、リードを心臓まで送り入れます。リードの挿入に関しては、「静脈穿刺法(パンクチャー法)」、「静脈切開法(カットダウン法)」のどちらかの方法が取られます。(見つからない場合は別の静脈から入れることもあります。)

*リードとはペースメーカーから電気刺激を心臓に伝える導線の役割をするものです。
3 X線で様子をみながらリードを心臓に向かって進めていき、その先端が右心房、または右心室の適切な位置にきて、心臓の電気刺激による反応が良ければ、そこにリードを留置します。
4 リードとペースメーカー本体を接続して、“ポケット”にペースメーカー本体を入れ、皮膚を縫合して手術は完了します。