ホーム > ペースメーカーについて >

ペースメーカーの寿命

ペースメーカーについて

ペースメーカーの寿命

ペースメーカーは植込んでから何年間使えるの?

病気やペースメーカーの種類、またリードの状態によっても違いますので、5年から10年くらいだと考えておいてください。
ただし場合によっては、もっと短いことも、長いこともあります。

ペースメーカーがいつ止まるかということは予測できますか?

電池残量の大まかな予測はつきます。しかし、ペースメーカーの交換時期は担当の先生が適切に判断しますので、「ペースメーカーの定期検査」を必ず受けてください。
ペースメーカー

患者様ご自身でできること

  • 担当の先生からあなたの脈拍とペースメーカーについて知識をえておき、毎日、脈拍数を1分間数えてください。脈が担当の先生から聞いている数よりもかなり少ない場合は、担当の先生に連絡してください。
  • 担当の先生の指示に従い、定期健診を必ず受けてください。