ホーム > 術後の生活について >

患者様へのお願いと注意

術後の生活について

患者様へのお願い

毎日、安静時の脈をとる

毎日、安静時の脈をとる

脈拍数を計るということは、患者様ご自身で植込まれているペースメーカーがきちんと動いているかどうか確認できるもっとも基本的な方法です。担当の先生からあなたの脈拍とペースメーカーについて知識を得ておき、毎日脈拍数を1分間数えてください。

定期検診

定期検診

これも、ペースメーカーと心臓の動きを確認するために大事なことです。また、ご自分のペースメーカーの電池交換時期をきちんと知るためにも大切な事です。

ペースメーカー手帳の携帯

ペースメーカー手帳の携帯

ペースメーカー手帳には、植え込まれているペースメーカーのことなど、様々な情報が書かれています。検査や、もしもの時など、確認する時に必要なものです。住所、氏名、電話等に変更があった場合にはその旨を担当の先生にご連絡し、ご自分のペースメーカー手帳の方も書き直しておいてください。

ペースメーカー手帳の携帯

ペースメーカー手帳 サンプル

この手帳には患者様の個人情報の他に、患者様の心臓の病気、手術を受けた病院、フォローアップしている病院と先生の名前、植え込まれたペースメーカー(及びリード)の機種、ひとりひとりの患者様のペースメーカー・プログラム設定値などが書き込まれています。また、これらの通院記録、自己健康管理の記録(ペースメーカーの調子、脈の具合、体調を記録)の欄もあります。つまり、定期健診はもとより、他の医療機関にかかる時、(海外)旅行に行くとき、あるいは、短時間の外出時などにも、どのような時でも常に携帯し、必要であれば提示できるようにしてください。このようにすることによって、患者様は緊急の際に適切な処置が受けられます。
住所、氏名、電話等が変わった時はすぐに担当の先生に連絡し、ご自分のペースメーカー手帳の方も書き直しておいてください。

ペースメーカー手帳の用語集をご覧いただけます。
手帳用語集のボタンを押すと、別ウィンドウで内容をご確認いただけます。
   手帳用語集

 

ペースメーカー使用上の注意