誰でも借りれるところはあるのか?確実にお金を借りたい人の対処法

今すぐにお金が必要だ・・審査になかなか通らなくて困っている・・という人は確実にお金を借りられる方法や金融業者を探しているのではないでしょうか。

確実にお金を貸してくれる業者や方法は存在しますが、利用するには注意しなければいけない点がありますし、利用すると後悔することもあります。

誰でもお金を借りれる具体的な方法を紹介するとともに、金融業者の審査を通るためのポイントを紹介します。

ページコンテンツ

誰でも借りれる金融業者や方法は存在します。ただしほとんどが違法

誰でも確実にお金を借りることができる金融業者や方法は存在します。ただしそのような手段でお金を借りるのはほぼ違法であり、利用すると必ず後悔するでしょう。

利用してはいけないお金の借り入れ法やデメリットなどを紹介します。

違法金融業者(闇金)

まずは違法金融業者、いわゆる「闇金」です。貸金業を営む際には財務局長または都道府県知事の登録が義務付けられていますが、闇金は正規の登録をせずに融資を行います。

闇金は法律で決められた金利以上の利率で貸し付け、返済が滞ると違法な方法で脅迫的な、暴力的な取り立てを行います。

全額回収するためにはどのような手段も使ってくるので、常に返済のプレッシャーを受けながら生活をしなければいけません。まともな生活を送ることができなくなるでしょう。

闇金の見極め方

名前の知られていない中小の消費者金融と闇金との見分けがつかない、という人もいるかもしれませんので見極め方を紹介します。

まずは金融庁のHPで利用を考えている金融業者が登録しているかどうかを確認してください。登録がなければ違法な金融業者であり闇金です。

また、無職やブラックでも融資OKをアピールしている、携帯電話の番号しか掲載していない、といった金融業者は闇金です。

正規の金融業者は必ず審査を行いますし、営業するには固定電話の設置が義務付けられているからです。

ソフト闇金なら問題ない?

最近は「ソフト闇金」を名乗る金融業者が増えています。闇金の悪いイメージを逆手にとって暴力的な取り立てをしない、穏便に付き合うことをアピールしている金融業者です。

しかしいくらソフトを名乗っていても闇金ですし違法です。

法定金利以上の高利で貸し付けますし、返済が滞ると時間関係なく連絡がある、本人以外に連絡があるなど、違法な方法で取り立てを行います。

個人間融資

個人間融資はSNSや掲示板でお金を貸したい人や借りたい人が目的にあった人を募り、お金の貸し借りを行うことです。

そもそもこのような方法で融資を募るのは貸金業法に違反しますし、見ず知らずに人とお金の貸し借りを行うのは普通の感覚ではまともにできません。

個人間融資の方法

個人間融資の方法を紹介します。インターネットで「個人間融資掲示板」と検索すると多くの掲示板がヒットします。

このような掲示板にはお金を借りたい人や貸したい人が希望を書き込んでいますので、希望に合致しそうな人がいればアプローチして交渉します。

SNSでも情報交換の場となります。

Twitterでは、#個人間融資#お金貸しますといった個人間融資を匂わすハッシュタグのある呟きでお金を借りたい人や借りたい人を募り、DMでやり取りしお金の貸し借りを行います。

個人間融資の危険性

個人間融資は多くの危険が潜んでいます。

例えば、お金を貸したいという人の中には闇金がいても判別がつきませんし、銀行口座の番号を入手すればむりやりお金を貸し付け、後日高額な利息とともに請求されるということもあります。

この他にも、お金を貸さずに保証金や手数料名目でお金を振込ませる、個人情報を他の金融業者に売却する、女性の身体目的でお金を貸しつけるなどの被害に合う可能性があります。

クレジットカードのショッピング枠の現金化

クレジットカードのショッピング枠を現金化する、という業者も存在します。

架空、もしくは安価な商品を購入させ手数料を差し引いて申し込みした人にお金を渡す、振り込むという方法です。

この方法は違法ではありませんが、手数料は法定金利を超える金額を差し引かれるので普通にお金を借りるよりも損をします。

ショッピング枠の現金化の大きなデメリット

ショッピング枠の現金化は各信販会社が厳禁している換金法です。

もし発覚すると会員資格を剥奪され、利用している分のクレジットやローンの一括返済を求められます。一生クレジットカードを作ることができなくなるかもしれません。

正規の金融業者からは誰でも借りれる方法はありません

確実にお金を借りる方法は違法、もしくはイレギュラーであることを紹介しましたが、正規の金融業者(銀行、消費者金融、信販会社、ノンバンク)では審査なしでお金を借りることはできません。

その理由を説明します。

なぜ正規の金融業者からは誰でも借りることができないのか

金融業業者がお金を貸し付ける際に審査を行うのは、申し込んだ人に「返済能力があるのか」「年収の1/3以上の借り入れがないのか」「信用できるかどうか」を確認するためです。

さらに、利用基準を満たしているかどうかも重要です。

正規の金融業者から絶対に借りれない人

正規の金融業者から利用条件をクリアしている人しか借りることができません。

今から紹介する要件に該当している人はいくらお金を持っていても審査が通らない、とお考え下さい。

20歳未満の人

まず、20歳未満の人は金融業者からお金を借りることはできません。未成年は法律行為をいつでも解除できます。ちなみに、金融機関の融資の契約は法律行為となります。

未成年にお金を貸すとその契約をいつでも破棄できるリスクを金融業者は負わなければいけません。

安定した収入のない人

安定した収入のない人も審査は通りません(担保がある時は別です)。お金を貸し付けると毎月返済しなければいけないので、金融業者は毎月収入のある人にしか貸し付けません。

「安定した収入がある」ことは大きなポイントで、たとえ高収入の人でも収入が不定期であれば審査は通りにくくなり、逆にアルバイトやパートでも毎月収入のある人のほうが審査に好印象を与えます。

年収の1/3以上の借り入れがある人

貸金業法ではローンやクレジットの借りすぎを防止するため、貸金業者には年収の1/3以上の貸し付けを禁止しています(総量規制)。

すでに年収の1/3以上の借り入れがある人、もしくは新たに貸し付けを行うことにより借入額が年収の1/3を超える人に対して貸し付けを行いません。

なお、総量規制は借金の総額ではなく借り入れ可能額の総額です。もし借金の総額が年収の1/3以下でも、利用限度額が年収の1/3を超えると総量規制に該当します。

また、無職の人にお金を貸し付けるとその時点で総量規制を超える貸し付けを行うことになるため、その時点で違法となります。ですので「無職でも融資可能」という広告は違法行為をアピールしていることになります。

信用情報に傷がある人

信用情報に傷がある、いわゆるブラックリスト入りしている人も審査は通りません。

融資を申し込むと、金融期間は必ず信用情報機関に申し込んだ人のローンやクレジットの利用状況を確認します。

一定期間内に債務整理を行っている人や長期延滞などの金融トラブルを起こしている人には信頼性の低い人と判断されるため、お金を貸し付けることはありません。

一定の条件をクリアすれば審査なしで借り入れできる方法

「お金を借りる」ことに対して正規の金融業者から確実にお金を借りる方法があるので紹介します。

ただし一定の条件をクリアしないと借り入れできませんのでご注意ください。

生命保険の契約者貸付

まずは生命保険の契約者貸付制度です。

積立の保険や養老保険など、解約返戻金のある生命保険に加入しているのであれば、その解約返戻金を担保にお金を借りることができます。

金利は各社によって異なりますが、2~6%の低金利で審査なしで借り入れ可能です。ただし利用できるのは契約者のみで被保険者や保険金の受取人ではありません。

また、あくまでも借り入れですので返済しないと契約分のサービスを受けられないこともあります。

定期預金担保貸付

定期預金を持っている人であれば定期預金を担保に銀行からの借り入れが可能です。

利用限度額は一般的には定期預金の90%程度で、金利は定期預金の約定金利に0.5%上乗せした程度です。

借り入れを行う際に審査はなく、キャッシュカードでお金を下ろす感覚で利用できます。ただし返済しないと利息がつきます。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードを所有している人は、キャッシング枠が設定されているかどうかを確認してみてはどうでしょうか?

申込時にキャッシング枠を意識していなかった、ということもあるからです。

キャッシング枠が設定されていたのであれば1万円単位で全国の提携ATMで利用ができます。

ただし、クレジットカードのキャッシングは金利が高めです。使い過ぎには気をつけましょう。

また、クレジットカードにキャッシング枠の設定がなければ新たに審査を受けなければいけません。

お金を借りるのに審査を通るには?ポイントを紹介

審査を通過するためのポイントを紹介します。正規の金融機関で借り入れを申し込むのであれば、しっかりと審査に向き合いましょう。

利用基準をクリアしている人であれば、審査の準備をすればほぼ借りることができるからです。

安定した収入を得る

安定した収入を得ることは借り入れを行うためには非常に重要なポイントです。

数ヶ月は収入があるような状況にしてください。そうすれば借入れを申し込め審査に通る可能性が高くなります。

転職して給与額が上がったとしても、転職したての人は定着性に難ありと判断され審査が通らない可能性があるので注意してください。転職して数か月は借り入れを申し込まないほうが無難です。

短期間に複数の金融業者に申し込まない

審査に自信がない人は、「一気に複数の金融業者に申し込めばどこかの審査に通るかも」と考えるかもしれませんが逆効果なのでやめてください。

ローンやクレジットの利用状況は信用情報機関に記録されますが、借り入れ件数や借り入れ額、返済状況だけではなく申込情報も記録されます。

短期間に複数の金融機関に借り入れを申し込んだ人に対しては「お金に困っている人」と判断され、返済能力や信頼性が低いとネガティブな印象を与え、審査に不利になります。

希望金額は必要最低限に

利用できるお金を多いに越したことはないですが、審査の通過を目的とするのであれば希望金額は最低限の金額で申し込んでください。

金融機関は貸し付けるお金が高ければ高いほど審査基準は高くなりますし審査に慎重になります。利用限度額が低ければ低いほど審査基準は下がります。

できる限り借入れ件数を減らす

既に複数のローンやクレジットを利用している人であれば、できる限り利用している件数を減らしてから新たな借り入れを申し込んでください。

少額のカードローンがあれば完済し解約してから、またクレジットやローンを利用しているのであれば完済しで件数を減らしてから申し込むこみましょう。

ポイントは完済したカードローンは解約することです。利用可能額が残っていれば総量規制の対象になるからです。

在籍確認は必ず取れるようにする

審査を通過するためには在籍確認は非常に重要なので、申し込み時に勤務先を記載する際には、確実に確認が取れる連絡先を記載してください。

在籍確認が取れないと審査に通りませんし確認に時間がかかると審査に時間もかかります。

飲食業やサービス業に勤務している人であれば運営元や本部ではなく勤務している店舗の連絡先を、派遣社員であれば派遣先ではなく派遣元の連絡先を(派遣先では派遣社員の存在を把握していないこともあるので)記載しましょう。

ブラック情報が削除されるまで待つ

信用情報に傷がある人、以前債務整理や長期延滞を行ったことのある人であれば一定期間経過し記録が消えるのを待ってから借り入れを申し込んでください。

信用情報が回復するまでは自己破産や個人再生を行ってからは10年、任意整理や長期延滞を行ってからは5年必要です。

それまではなんとか借り入れを行わない生活を過ごしたほうがいいでしょう。

審査に落ちてしまったら 対処法を紹介

もし金融機関の審査に落ちてしまったらどうすればよいのでしょうか、対処法を紹介します。

なぜ審査落ちしたのか考える

借り入れを申し込んで審査に落ちたらショックを受けるかもしれませんが、冷静になって「なぜだめだったのか」を考えましょう。

信用情報機関は個人の照会も可能なので、自身の信用情報を確認してみてもいいかもしれません。審査落ちした原因がわかれば解消してから申し込みましょう。

無闇に複数の金融機関に借り入れを申し込んではいけません。

国の個人向け融資を検討する

国の個人向け融資は充実しています。

審査さえ通れば無利息、もしくは低金利で融資を受けることができます。困っている人は申し込みを検討してはいかがでしょうか。

個人向けの融資は、比較的審査スピ-ドの速い緊急小口資金や(最大10万円)や継続的に融資を受けられる総合支援資金など様々な制度があります。状況に応じた制度を利用してください。

ただ、現在新型コロナウィルスで経済的に困窮している人が多く申込者が多いため審査に時間がかかります。余裕を持って申し込むことが必要です。

債務整理を検討する

現在の借入金の完済がどうしても難しいということであれば法的に借金をなくす、もしくは減らす債務整理を検討するのも一つの手段です。

債務整理が認められるのは条件がある(ギャンブルでの借金は免除が認められない、金額が低い、借入期間が短いなど)ので、まずは法理の専門家に相談してください。

債務整理を行うとブラックリスト入りするので一定期間ローンやクレジットを利用することはできません。不便に感じるかもしれませんが、自身の生活スタイルを見直す良い期間になるはずです。

お金をかりる関連記事一覧